SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)
議会報告 > 04.暮らし・福祉 > 2006年03月 > 税制改悪から市民生活を守る防波堤に
税制改悪から市民生活を守る防波堤に
投稿者: サポーター 掲載日: 2006-6-28 (1931 回閲覧)
【要旨】
税制改悪から市民生活を守る防波堤に

問  社会保障や税制の改悪から市民の暮らしを守る防波堤の役割を果たすべきという立場でお聞きいたします。

   国の政治により、国民の負担が大変になっている中で、住民生活をどう守っていくのかが、地方自治体に求められています。

 国に対して、言うべきことはしっかり言っていくという確固とした態度が重要と思いますが、いかがでしょうか。市長の、住民生活を守るという、決意と取り組みについてお聞かせください。

答 市民生活や市民サービスの充実を図る観点からも、国の施策変更や税制改正による住民負担増への対応として、住民の実態、現状、影響をふまえ、国や関係機関に、他の市町村とスクラムを組みながら、適切な要望や働きかけを行いたい。

【質問詳細】

税制改悪から市民生活を守る防波堤に

 次に、社会保障や税制の改悪から市民の暮らしを守る防波堤の役割を果たすべきという立場でお聞きいたします。

 私は、12月定例会で、様々な控除の廃止は、税負担だけでなく、国保・介護保険料などの負担増へと、大きな負担になるとのおもいから、その実態がどのくらいになるのかを質問しました。

 市長は、ある程度の数字はつかんでいるが、一人歩きをして市民に不安を与えないかということから、実態については述べられませんでした。

 私は、行政も議会も認識を同じにさせて、住民にとってどういう政策がいいのかを議論していくことが重要だと思います。

 国の政治により、国民の負担が大変になっている中で、住民生活をどう守っていくのかが、地方自治体に求められています。

 そして、そのために国に対して、言うべきことはしっかり言っていくという確固とした態度が重要と思いますが、いかがでしょうか。

 市長の、住民生活を守るという、決意と取り組みについてお聞かせください。
  この記事を PDF フォーマットで見る 記事を印刷する 記事をメールで送信