東京・羽村市武蔵野市渋谷区の議会運営を調査して

 

 議会運営委員会で、東京の二市一区の議会運営と議会改革の取り組みを調査してきました。

 羽村市では、改選により新人議員が多く当選し、議会の改革についての意見が出されたこともあり検討委員会が作られ、一年かけて十三回の議論が精力的に行われ改革がされました。

 改革の主なものは、議会の一般質問の一問一答方式の導入、議会のホームページの充実、議会日程の年間スケジュールの公表、視察の報告会、政務調査費の領収書添付の義務化などが実現しました。

 また、一般質問も活発で、二十人の議員に対して平均で十六人くらいが質問を行うということで、今回は全員が一般質問を行ったそうです。

 武蔵野市では、議会改革の必要性がいわれ、各会派から要望をまとめたところ百項目にも及ぶ改革案が出されました。これを整理して、「議会運営委員会」「代表者会議」「議会広報委員会」に振り分け、それぞれで議論をしてきました。

一年あまりで八十項目に結論が出され、改革の必要なものは順次実現してきました。

残りについては引き続き検討されます。

 議会だよりに親しみをもってもらおうと、表紙の写真を公募し広報委員会で決定しています。

議会だよりへの質問者の氏名掲載は、三つの市・区ともに実施されています。

 

プリンタ出力用画面 友達に伝える