2006年7月14日(金曜日)

レジオネラ菌問題で市に申し入れ

カテゴリー: - hisashi @ 22時56分07秒

 北村温泉でのレジオネラ菌問題の解決にあたって、日本共産党市議団は、次のとおりの申し入れを行い、住民へ不安や疑問の残らない対応を求めました。

 

2006714

 

岩見沢市長 渡辺孝一 様

                     日本共産党岩見沢市議団

                       団長 佐藤あきら

 

 

 

   北村温泉レジオネラ菌問題の対応についての申し入れ

 

 

 今回の北村温泉でのレジオネラ菌問題は、その発生もさることながら、その後の対応にも問題があり、市民の信頼を失わせることになった。

 よって、再開にあたっては、市民の信頼を得られるような対応を行い、今後二度と起らないように努めるべきである。

 そうした立場から、以下の点について申し入れる。

 

 

             記

 

1.     今回の事件にあたって、どこに原因があったかを明らかにし、抜本的改善を図ること。

 

2.     指定管理者の責任を明らかにするとともに、市民の安全に責任もてる体制にすること。

 

3.     今回の事件での市の責任を明らかにし、改善をすすめること。

 

4.     他の施設も含めて、市民に対して、経過や今後の対応も含めて情報を公開し、市民の疑問等に応え信頼を回復すること。

 

                          以上

 

 


2006年7月13日(木曜日)

写真アップしました

カテゴリー: - hisashi @ 11時06分51秒

 半年くらい前から、写真を習っています。そこはスライド用のリバーサルフイルムのため、なかなか写真を取り込むことができませんでしたが、CDに書き込みましたので、そのなかから10枚取り込んでみました。

 

 そのうちの下の3枚は、サークルでの写真展に出した写真です。

 

 

 

闇への抵抗

   (上富良野町)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厳寒の輝き

   (苫前町古丹別)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空を掃く

   (上富良野町)


3人の市議候補を発表

カテゴリー: - hisashi @ 10時39分04秒

 日本共産党南空知地区委員会は、来年の一斉地方選挙の岩見沢市議選挙にあたり、3名の候補を発表しました。

 

 議員団長の佐藤あきらさんが退き、上田ひさし、山田ゆりみ、富沢修一の3名です。

合併後の初の選挙であり、「暮らしやすい街づくりのために、住民こそ主人公の市政」実現のために頑張ります。

 

 3名の経歴、決意、活動地域等を紹介します。

私、上田ひさしについては、プロフィールをご覧ください。

 

山田ゆりみ議員

 

1952(昭和27)1020岩見沢市に生まれる。

・北海道立保育専門学院卒。

・富良野国の子寮(養護施設)や乳児保育園などに勤務。

・ホームヘルパーとしても10年働き、介護にたずさわる。

ここでの経験が今の私の活動の原点です。

・資格 保育士、介護福祉士

・市議会議員1期。民生常任委員、消防議会議員。

・落語や漫才などを聴くことが好き。孫と遊ぶのも楽しい。

・住所 幌向南4条2丁目239-39

 

【活動地域】

幌向、中幌向町、上幌向、御茶ノ水町、志文、上志文、ふじ、双葉町、美園、駒園、南町、栗沢町全域(宮村、美流渡、万字除く)

 

《私の決意》

 ホームヘルパーの経験を生かして、「安心して介護が受けられ、障がいがある人にもやさいし」市政をめざします。

 国の悪政が続くなか、市民の命や暮らしを守るために頑張ります。

 子どもや高齢者など皆さんの思いを、市政に反映させるために全力をつくします。

 

 

富沢修一議員

 

1956(昭和31)422北村に生まれる。

・東京農工大学農学部卒。

・卒業後農業に従事し、16任鮃椋遒垢觚縮鯒戚院

1995年、11年前に北村初の日本共産党議員に当選。3期合併により岩見沢市議へ。

北村議会では、広報特別委員長、建設常任委員長、議会運営委員長などを歴任。

・現在、建設常任委員、消防議会議員。

・住所 北村美唄達布729-12 (道道青木線沿い)

・電話・FAX 55-3426

・携帯電話 090-9088-9083

 

【活動地域】

北村全域、西条丁目、北条丁目、有明、若松町緑町西川町、北本町、桜木、元町、稔町、大願町、岡山町、峰延町、大和

 

《私の決意》

 今までより区域も有権者も大幅にひろがり、また住民要求・課題も多様です。弱い者いじめ、地域経済破壊の政治から、みなさんの暮らしを守る防波堤としての役割を新たな気持ちで果たしていく決意です。

 現役農民として、安全安心な農産物で消費者の健康を守り、市の基幹産業・農業の守り手として頑張ります。

 


2006年7月11日(火曜日)

ハンドマイク宣伝

カテゴリー: - hisashi @ 13時09分32秒

 東栄後援会の人たちと3人でハンドマイク宣伝を10箇所で行いました。

国会が終わって、小泉政権が国民に与えたものは「痛み」であり、深刻になっていること。

医療改悪は通されたが、それを実行させないさらなる取り組みが必要であること。

教育基本法の改訂や共謀罪、改憲手続き法案は国民の「平和」を求める声で、成立させなかったこと。しかし、秋の臨時国会の大きな争点になること。

 

 また、今回の住民税の負担増は、特にお年寄りには大打撃であること。

これまで非課税やわずかの税金だったものが、何万円にもなって、最初は何かの間違いではないかと思い、それが現実であることで怒りに変わり、「どうやって生活すればいいんだ」という声が出されています。

 

 皆さんと一緒に、「こんな悪政を見直し、こうしたやり方を中止すべきである」という立場で頑張る決意を訴えました。

 

 3人で交替で訴えると、何か新鮮で、一人で演説するより元気がでました。

 

これからも市内各地で演説していきたいと思っています。


2006年7月9日(日曜日)

ユニ石狩岳登山・今年もなきうさぎにあえました

カテゴリー: - hisashi @ 21時39分56秒

 今年も山に連れて行ってもらいました。年に一回は最低行くようにしていたが、急きょ都合がつき参加しました。

 

 朝5時スタートして、3時間半かけて、ナキウサギが住んでいるという、裏大雪にあたる「ユニ石狩岳」に、去年に続いて登りました。

いましたいました今年もなきうさぎにあえました。去年は帰りでしたが今年は行くときでした。

でも少しの時間だったので写真は1枚しか撮れませんでした。

残念ながらデジカメでなく一眼レフのほうで撮ったので、まだフイルムが残っているため写真をおみせできません。

 

 そこまではよかったのですが、そこからが大変でした。

10キロ以上の減量で、去年より軽快に歩けるかなと思ったんですが、逆にスタミナがなくなったのかもしれません。

それでも3時間かけてやっと登りきりました。ヤッターという感じです。でもきつかったー

 

コマクサなど去年より少なかったのは、今年が雪が多かったせいで、まだ咲くのが遅れているのかな。

帰りはナキウサギに遭遇できませんでしたが、写真の出来上がるのが楽しみです。

 

 


2006年7月8日(土曜日)

9日から彩花まつり

カテゴリー: - hisashi @ 01時22分38秒

バラは見ごろ、あやめは咲き始め

 

 

 いわみざわ公園のバラ園とあやめ公園を会場として行われる、岩見沢の夏のイベント「彩花まつり」が9日から16日まで行われます。

 

 バラは243種、22000株あり今が見ごろです。

アヤメは168種、12000株ありますが、やっと咲き始めたところです。

 

 

 9日には花火大会が行われ、 また、14日には観光おどりパレードが市内中心街で行われます。

15日は、駅東市民広場でYOSAKOIソーランや農産物フェアーも行われ、短い北海道の夏を楽しみます。

 

 バラとアヤメの写真をギャラリーにアップしました。

 


2006年7月7日(金曜日)

治安維持法国倍同盟の総会であいさつ

カテゴリー: - hisashi @ 23時53分16秒

再び戦争と暗黒政治の復活を許さない

 

 治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟南空知支部の第16回総会に、日本共産党を代表して激励のあいさつを行いました。

 長い名前でなじみのない人もいると思いますが、「治安維持法」というのは聞いたことがあるのではないでしょうか。

 朝の連続ドラマ「純情きらり」の中で、産婆さんの桃姉ちゃんが、近所のおばあちゃんたちとのよもやま話の中で「すみにくい時代になったね」と話したことが、政府への背信行為にあたるとして「治安維持法」違反で逮捕をされました。

 しかも、密告だけを根拠として、そして、拷問によって、自白をさせ罪にしてしまう。

こんなことが平然と行われる。それが戦争であり、「治安維持法」。

 桃姉ちゃんも顔に傷をつけていたが、本当はそんな程度じゃないということは、小林多喜二や野呂栄太郎なども見ても明らかです。

 

 こうした戦前の時代に戻そうとしているのが、今の政府です。

共謀罪、教育基本法の改悪などの動きはまさにそのものです。

しかし、今回、平和を願う国民の運動によって成立を阻止しました。

 廃案にしたわけではありませんので、秋にはまた審議がされますが、今度こそ廃案にするための大きな運動を起こさなければなりません。

 

 「再び戦争と暗黒政治の復活を許さないために、一緒に力を合わせましょう」と連帯のあいさつをしました。

 


2006年7月5日(水曜日)

トップの写真変えました

カテゴリー: - hisashi @ 23時49分43秒

 北海道もやっと夏です。

トップの写真も夏らしのに変えました。

写真だけでなく、内容も充実したものになるよう頑張ります。

 

 夏は、平和の季節です。

原水爆禁止世界大会の代表派遣のための取り組み、市民平和展、原爆投下の8月6日と9日には平和の鐘、終戦記念日宣伝など、平和の思いを伝えたい。

 

 平和でなければ、好きなことも何も自由にできなくなる。

平和でこそ安して暮らせる。

 

 北朝鮮のミサイル発射は、国際ルール無視するものだ。

アメリカのイラクでの戦争。総理の靖国参拝などなど、見過ごすことのできないことが多すぎる。

 

 暑い夏に、この思いを、熱く伝え、平和を訴えたい。


2006年7月4日(火曜日)

山の花をギャラリーにアップしました

カテゴリー: - hisashi @ 13時25分13秒

年に一度から二度、山登りに連れて行ってもらっています。

この間、黒岳、富良野岳、ユニ石狩岳などに連れて行ってもらいました。

そのときの花の写真をギャラリーにアップしました。

ぜひご覧ください。

 

また、写真を整理したらアップします


2006年7月3日(月曜日)

北村温泉レジオネラ菌問題で経済常任委員会開催

カテゴリー: - hisashi @ 21時42分46秒

 北村温泉でレジオネラ菌が検出され、6月30日から利用を中止しています。

 これを受けて緊急に、7月3日、経済常任委員会が開催され経過が報告されました。

 

 レジオネラ菌はうたせ湯、ジェットバスから検出され、大浴槽からは検出されていないことや、潜伏期間から見て、6月10日から30日までの期間とすると、利用者は1万2千人を超えており、日帰り入浴の1万千人以上は利用者が特定できない状況にあることが報告されました。

 市は、市立病院や保健センターで相談窓口を設け、また公共施設やホームページでそのことを知らせています。

 

 私は、「高齢者福祉センターでレジオネラ菌が検出されたが、そのときの経験が生かされていないのではないか」「一年に一回の検査の未実施は指定管理者にするときに把握していなかったのか」「27日に業者が通知を受けてから30日までの間、営業がされていたが対応に問題がなかったのか」「再発防止への対策の徹底をはかるべき」と、市の対応などを質問しました。

 

 市は、「原因特定に向けて、北村で発生した菌を検査機関に提出している」「指定管理者が当然検査等を行っていると認識していた」「27日に指定管理者からすぐ報告がなかった。今後は市からも報告を求めるなどすみやかな対応をしたい」「今後については、うたせ湯は廃止し、ジェットバスは塩素を強めるとしているが、霧になった状態で肺に入るという点では同じという意見もあるので慎重に対応したい」と答えました。


31 queries. 0.124 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 月別過去ログ
blog カテゴリ一覧