2006年9月20日(水曜日)

豊作を喜べる農政に

カテゴリー: - hisashi @ 16時35分33秒

 今朝にかけての台風13号の被害も最小で岩見沢は通り過ぎましたが、北海道を完全に通過したので農作物の被害が心配です。

 

 稲穂は実り、稲刈りも始まりだしました。

黄金色の田んぼが、光を受けるとますます輝き、とてもきれいです。

豊作になるといいですね。

 でも、米の価格は毎年引き下げられ、農家にとっては豊作でも喜べない状況が続いています。

 さらに、品目横断的経営安定対策で、多くの農家が切り捨てられる状況を考えると、どこの国でも行われている、食糧自給率のアップをどうして日本の政府は行わないのかと、腹立たしくなります。

 安心して、豊作を喜べる農業にしたいものです。

 

 たまねぎの収穫も終わっていました。

たまねぎは全道でも有数の岩見沢です。

コンテナに次々と積み込まれていました。

 

 本州では、たまねぎをつるして乾燥させており、北海道と収穫の仕方が違うのに以前びっくりしたものでした。


2006年9月19日(火曜日)

映画「川の流れのように」

カテゴリー: - hisashi @ 13時24分20秒

 森光子さん主演による「川の流れのように」という映画が、9月29日(金)に、まなみーる文化センターで行われます。

 

 共演者には、今は亡くなったいかりや長介さんや、田中邦衛さん、谷啓さん、久我美子さん、菅井きんさん、大滝秀治さんなど豪華顔ぶれです。

 さらに、テレビで活躍中の西村雅彦さん、段田安則さん、滝沢秀明さんも出演しています。

 

 お話は、ひとりの女流小説家が、その村に行き着いたことから始まります。

あとは、見てください。

 

 9月29日は、午前10時30分からと、午後2時から、午後6時30分からの、3回上映します。

取り扱いは、新日本婦人の会岩見沢支部(電話・24-0549)まで、前売り券900円、当日券1000円です。


2006年9月18日(月曜日)

百餅祭り

カテゴリー: - hisashi @ 20時01分25秒

 直径2.4メートルの臼で60kgの餅を一度につきあげる、岩見沢の祭り、「百餅祭り」が今日までの三日間行われました。

 市民などが4方向から綱を引き、大きな杵を持ち上げ、綱をゆるめてウスにドスーンと落としてモチをつきます。

 ウスの寿命も何年も持たず、日本製でなくカナダなどからの輸入のウスとなっています。

 市内の中心街で行われ、中心商店街の活性化にこれからも発展していけるといいですね。


2006年9月17日(日曜日)

ミニうすモチつき

カテゴリー: - hisashi @ 15時23分22秒

 岩見沢市の祭りの百餅祭りに、ちびっこモチつきのミニうすモチつきが行われ、100個ちかいミニうすがならべられました。

 

 バリアフリーをめざす岩見沢の会では、毎年交流をかねてミニうすでのモチつきを行っており、体格のいい私もモチつきの協力をしています。

 バリアフリーの会は、障害を持った人にもやさしい街、段差もなく車イスでも通行しやすい道路や、公共施設のトイレの改善などを求めて活動をしています。

 

 中心街を車イスで歩いたことから、こうした街の行事にも参加することにして、交流を深めています。

 

 今年は、モチをつく人がいたので、私は、ウスを押さえる係りになりました。

小さなウスのため、動きやすく、支えるのがちょっとたいへんでした。

 

 写真の後に見えるやぐらは、一度に60キログラムのモチをつくウスがあり、祭り期間中、一日2〜3回つきます。詳しくは岩見沢市のホームページを見ると載っています。


2006年9月16日(土曜日)

議員定数削減の反対討論

カテゴリー: - hisashi @ 23時51分31秒

 議員定数削減反対する討論の全文を、政策・見解のページにアップしました。

どうぞ、ご覧ください。

 定数は削減されましたが、住民の皆様の声をこれからも取り上げながら、要求実現のために頑張ります。

 

 今日までで、お祭りでの「原爆パネル展」が終わりました。

たくさんの人からのご協力を得て、無事終えることができました。

 これからも、核兵器廃絶のために頑張ります。

 


2006年9月15日(金曜日)

議員定数が削減される

カテゴリー: - hisashi @ 18時36分21秒

 議員定数を現在の28人から26人に削減することが、議員提案され、賛成多数で可決されました。

私たちは、合併後の議会であり、合併された町村の意見も十分反映されることが必要であることなどの理由をあげ、30人を主張するとともに、少なくても現行の定数を削減することは認められないとの立場から、山田議員、富沢議員が質問し、私がその議案に対しての反対討論をしました。

 同様に、栗沢会も定数削減に反対する質疑討論を展開しました。

 

 採決にあたり、無記名による投票を提案しましたが、記名投票の提案もされ、記名投票により投票が行われ、議員定数削減が決定されました。

 

 反対討論の全文は、整理ができ次第アップします。

 

 質疑の中で、他の議員から質疑打ち切りの動議が出され、可決され、自分たちの意に反するものは質疑までも打ち切る多数の横暴に怒りの声が出され、議長不信任も提案されました。

数で否決はされましたが、議会という議論をたたかわせる場で、このような数の論理で押し切ろうというやりかたには怒りを感じます。


2006年9月14日(木曜日)

祭典・原爆パネル展

カテゴリー: - hisashi @ 15時51分04秒

  今日から16日まで、岩見沢神社祭が行われます。

岩見沢原水協では、恒例の「原爆パネル展」を行い、署名活動も行っています。

 今日は初日ということもあり、まだ人通りは少なく、これから夜にかけて人通りも多くなってきます。

場所は、植木の一番外れで、テニスコートの駐車場付近です。

 お祭り帰りでも、ぜひ、署名をしていってください。

午後2時から午後9時半まで行っています。


2006年9月13日(水曜日)

児童ディサービス

カテゴリー: - hisashi @ 23時00分03秒

 今回、障害者自立支援法に関しても質問しました。

 その中で、岩見沢市が一年間軽減している児童ディサービスについて、その後も軽減を続けるように求めました。

 しかし、市は当初の予定どおり一年間で打ち切ることとしています。

保護者から理解も得ているとのことでしたが、保護者はそのような理解になっていません。

 現在の一回100円、200円の人も700円以上になり、これまで週3回利用していたひとも、2回、1回と回数を減らさなければならないと、不安の声をあげています。

 経済的に余裕のある人しか、通えなくなり、ここにも格差があらわれています。

子どもの療育にまで格差を持ち込む政治に怒りを感じます。

 こうした声に耳を傾けることが、市民に暖かい市政といえます。

日々の積み重ねがあってこそ、子どもは発達をしていきます。

 保護者の声を引き続き届け、市政を変えていかなければと改めて思っています。

 


2006年9月12日(火曜日)

一般質問終わる

カテゴリー: - hisashi @ 22時04分09秒

 10時半過ぎから私の一般質問が始まりました。

 私の持ち時間は40分。最初の質問で25分、再質問と再々質問で合わせて35分以上使い、ほぼ持ち時間いっぱい質問しました。

 

 質問と答えの詳細は後日報告しますが、今回の特徴は、介護にしても障害者自立支援法にしても、農業や教育基本法にしても、国に対してどういう態度でいどむのか。

また、自治体として住民の生活を守るため、どういう対応をするのかについて質問しました。

 個別の対応は、バラマキ福祉といわれかねない、一部の人に税金を使うのは理解されないなどの答弁が目立ちました。

 

 市の予算は、住民のそれぞれの願いに答えるために使うものです。

障がいを持っている人には、そのための施策を、高齢者には高齢者の施策、乳幼児には乳幼児の施策が必要です。

一部の人のために予算が使えないという理論でいったら、何もできなくなってしまいます。

 

 住民のくらしを第一に考え、必要なところに必要な予算を使わせるためにさらに頑張ります。

 


2006年9月11日(月曜日)

明日一般質問

カテゴリー: - hisashi @ 22時41分41秒

 いよいよ明日が一般質問です。

何度やっても、前日は緊張するものです。

 こう答えたら、こう再質問しようかとか、準備はこれで大丈夫だろうかとか

いろいろシュミレーションもしてみますが、いざ本番になるとシュミレーションどおりにはなりませんが、精一杯今回も質問します。

 

 明日は、10時から始まり、2番目ですから、10時半は過ぎてのスタートとなると思います。

ぜひ傍聴にいらしてください。

 いっしょに市政について考えましょう。

市長への質問ではありますが、国の悪政によって苦しめられている市民の生活の問題です。

おおもとである、国政こそ変えなければならないと決意しながら、明日頑張ります。


35 queries. 0.113 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 月別過去ログ
blog カテゴリ一覧