2006年10月29日(日曜日)

教育の格差をつくる教育基本法改定

カテゴリー: - hisashi @ 23時41分49秒

 昨日、北海道の革新懇の25周年の集会で札幌へ行ってきました。

午後からの参加で、講演だけを聴きましたが、渡辺治教授の「憲法・教育基本法」に関するお話で、教育基本法改定の狙いも話されました。

 その中で特に印象に残ったのが、安倍内閣はタカ派で、教育基本法を変えて憲法も変え、戦争する国にしていくということがいわれるが、タカ派ということならばこれまでのほとんどの総理がそうだった。

 安倍総理はそれだけではなく、構造改革で小泉総理が進めてきた「格差」を教育の分野に持ち込もうとしているところが、これまでと違う大きな点となっている。

 学校間での競争をさせ学校間格差をつくり、できる子できない子の教育に差をつけ、一部のエリートをつくる。これらを実現するために、「全国学力テスト」を実施しようとしている。

 これまで行われてきている、学校選択性などもこうした競争・格差を広げていることなどが話され、教育の分野での「格差」の危険性が話されました。

 

 しかし、安倍政権はその支持基盤に矛盾もかかえている。

この秋から来年までの大きな運動によって、これらを阻止することが十分できるという話に共感を得てもどってきました。

 これからの地域での街頭宣伝でも、教育基本法改悪がかかえている問題を訴えていきたいと思っています。


2006年10月27日(金曜日)

ばんえい競馬問題で議会説明

カテゴリー: - hisashi @ 20時18分55秒

 岩見沢市、帯広市、北見市、旭川市り4市で行っていた「ばんえい競馬」が、今年度いっぱいで廃止されることになり、その後、岩見沢市と帯広市の2市で開催するかどうかが今後の焦点となります。

 帯広市は開催に積極的なことから、岩見沢市の態度が問われています。

今後の収支見通しが、現状ではっきりせず、その点を今後検討していくとのことでした。

 

 今日の、議員全体による協議会では、これまでの経過説明の範囲での質問に限定され、今後のことには触れることが出来ないというものになってしまいました。

 

 今後どうするかが、重要な問題であるのにそのことに議論ができないということで、議員からも不満の声が出されました。

 

 判断をする時間も迫ってくる中で、今後議会としてもどうしていくのか、早急に真剣な議論がせまられています。


2006年10月26日(木曜日)

北海道日本ハムファイターズ優勝

カテゴリー: - hisashi @ 22時16分34秒

 日本ハムファイターズが、札幌でファンと一緒になっての日本一を決めた。

ここ何日間か、久々に野球を見た。プロ野球が今一つ盛り上がらず、サッカーを見ることが多かったのですが、プロ野球で久々に感動をしました。

 新庄は、様々な形でのパフォーマンスが注目をあびていましたが、プロ魂ともいうべき新庄の姿を見た気がします。

プロとしての自覚を持ち、お客さんを楽しませる野球。トーナメント方式で負けるとあとのないで高校野球とは違う中で、ファンとともにつくり、ファンにプロの力を見せる野球。

 新庄の涙に、プロ選手としての一途さを感じました。

 野球をやりたいという気持ちが久々に復活しました。

 


2006年10月24日(火曜日)

おでん作りました

カテゴリー: - hisashi @ 11時23分05秒

 すっかり寒くなってきました。

朝の駅頭宣伝で、霜柱を見ました。

あったかいものが恋しい季節になりました。

 さっそくおでんを作りました。

きょうの材料は、ダイコン、竹の子、ふき、しいたけなどの野菜を中心に、卵、ウインナー、モチ入り巾着、がんも、とうふ、しらたき、結びコンブを少しずつ入れました。

 今、味がしみこむのを待っています。

今度は、豚汁やなべも作ろうかなー。


2006年10月23日(月曜日)

後援会で紅葉狩りツアー・恵庭渓谷

カテゴリー: - hisashi @ 22時41分02秒

 日本共産党岩見沢後援会による「紅葉狩りツアー」で恵庭渓谷に行ってきました。

最初にけいきづけでサッポロビール園により工場見学と試飲をし、試飲はたいそう好評でした。

その後、白扇の滝、ラルマナイの滝(写真)、三段の滝を見ました。ちょうど紅葉が見ごろで、駐車場も車でいっぱいでした。

 最後は、ながぬま温泉で日ごろの疲れをいやし、交流を深めました。

 


2006年10月21日(土曜日)

ばんえい競馬

カテゴリー: - hisashi @ 23時12分38秒

 岩見沢市、帯広市、旭川市、北見市の4市で行われている「ばんえい競馬」の赤字が続き、4市での存続ができなくなりました。

 これまでも、赤字の解消のために様々な提案がされてきましたが、収益を予定通りあげることができませんでした。

 4市での競馬組合は解散がされることになり、今年度の赤字も含めた累積赤字は40億円になることが予想され、さらに補償費などを含めると、総額80億円を超えるのではないかといわれています。

この費用を4市で分担することになります。

 

 今後については、帯広市と岩見沢市の2市での開催案が示されていますが、岩見沢市の態度はまだ決めていません。

議会や市民の声を聞いて決断すると市長は話しています。

 

 議会には今月下旬に、全員協議会の場で話されることになります。

ばんえい競馬は、文化として北海道遺産にも登録されていますが、赤字を市民へ負担させるとしても限界があり、今後も赤字からの脱却が見込めない状況の中では、残念ですが、廃止も含めた検討が必要となってきます。

私たちの中でも十分議論していきます。


2006年10月20日(金曜日)

意義あり!障害者自立支援法・どさんこ緊急集会

カテゴリー: - hisashi @ 23時31分57秒

 『意義あり!障害者自立支援法 どさんこ1000人緊急集会』が札幌の大通り公園で行われ、参加してきました。

 「1000人集まるだろうか不安だった」とあいさつにたった主催者から、「全道各地から、障がい者本人、家族、事業所職員など2000人を超える人が参加した」と報告され、会場から大きな拍手が起こりました。

 この集会の意義を訴えた主催者は、「この法律は障害者が安心して暮らせるようにということで作られたが、本当にそうか」「今日の熱気でこの悪法を、その中身を変えていかなければならない」と訴えました。

(続き…)


2006年10月18日(水曜日)

「福祉灯油の実現を」と署名活動すすむ

カテゴリー: - hisashi @ 14時48分54秒

 灯油の値上げが続いており、1ℓ80円を超えています。

去年も値上がりが続き60円を超えたのでさえ大変でしたのに、さらなる大幅値上げで家計は火の車です。

厚着をして灯油をたくのをぎりぎりまでガマンするという声も聞かれます。

 

 高齢者など所得の低い人にはせめて行政が補助してほしいと、「福祉灯油制度」の実現を求めて署名が始まっています。

 生活と健康を守る会を中心に、「実現する会」を作り、12月議会に請願しようと準備を進めています。

「会」には、日本共産党も参加し、ともに進めています。

 中でも生活と健康を守る会は、毎週街頭宣伝や団地に入って署名を集めています。

お願いしていた町内からも、「集まったから取りに来て」などの反応もあり、市民の期待が寄せられています。

 長い北海道の冬、安心してくらせるように、一緒に取り組みを強めていきます。

 


2006年10月17日(火曜日)

トップの写真変わりました

カテゴリー: - hisashi @ 21時17分55秒

 すっかり秋が深まってきました。

ストーブが離せなくなりました。

風邪などには注意しましょう。

 

 トップの写真を変えました。

好きな写真の一枚です。

 


2006年10月16日(月曜日)

恵庭渓谷を下見

カテゴリー: - hisashi @ 23時00分56秒

 10月22日に、日本共産党の後援会で恵庭渓谷に「紅葉狩りツアー」を行うため、昨日下見に行ってきました。

 メモ用紙に、かかる時間やトイレなどの状況を記入しながら、紅葉の状況も見ました。

ちょっとまだ早かったけれど、ところどころに紅葉が見られました。

 

 写真一枚目は、三段の滝で、紅葉がきれいに滝とマッチしていました。

 

 

 

 

 

二枚目の写真は、白扇の滝で、幅18メートルの滝は壮大でした。

ここも当日はさらに紅葉がきれいになるでしょう。

デジカメとともに、リバーサルでも何枚か写真を撮りました。

できあがりが楽しみです。

だんだん忙しくなるので写真を撮る時間が少なくなってきます。

こうした少しの時間も利用しながら、少しずつでも撮り続けたいです。


31 queries. 0.109 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 月別過去ログ
blog カテゴリ一覧