2007年5月31日(木曜日)

保育園視察

カテゴリー: - hisashi @ 22時16分35秒

 昨年できた「日の出保育園」を、民生常任委員会で視察しました。

建物が新しいので、素晴らしかったのは当然ですが、久々に子どもたちの元気な声を聞きました。

本当になつかしく感じ、いいなぁーと、施設よりも感じいっていました。

 働く親にとっては、安心して子育てのできる保育園は不可欠なものです。

さらに充実されるようにしなければと感じました。


カリンの花

カテゴリー: - hisashi @ 22時12分03秒

 カリンの花が、咲きました。

ピンクというより桃色といったほうがいいようなきれいな色です。

桜の花よりきれいかなと感じています。

 二年前父親が、枝の手入れをしてから、実がなるようになりました。

木をよく知らない私は、木を切ることに抵抗がありましたが、そうではないことがわかりました。

 きれいな花は、心を休ませてくれますね。


2007年5月28日(月曜日)

空知支庁交渉

カテゴリー: - hisashi @ 22時51分48秒

 空知支庁において日本共産党南北空知地方議員団が、道交渉に向けての前段として、支庁交渉を行いました。

 項目は、福祉・教育・農業・雇用など170項目に及びました。

福祉の分野では、高い国民健康保険料の引き下げのための道の助成が求められました。

教育では、小規模高校の存続を求めて各地から実態が出されました。

雇用では、季節労働者の冬期援護制度に代わる施策の充実が問われました。

農業の分野では、品目横断的経営安定対策では農家は守れないと、国に施策の変更を求めるよう要求しました。

 

 山田ゆりみ議員は、「生活保護の申請書を窓口に置くよう道として指導を強めてほしい」と訴えました。

支庁は、「申請権をおかすことがあってはならない。申請を求めた人には申請書が渡されるべきである」として、道に実態を伝えることになりました。

 

 私は、「美唄養護に通う子どもの通学にバスの確保を」と求めました。

教育局では、「寄宿舎には希望者が全員入れたが要望については本庁に伝える」と答えました。

 私はさらに「寄宿舎に入れない子どもたちの実態や親が送り迎えできない実態をつかみ、強く要望してほしい」と重ねて訴えました。

 道との交渉は、6月11、12日行われます。


2007年5月27日(日曜日)

9条の会で冊子発行

カテゴリー: - hisashi @ 14時14分30秒

 岩見沢9条の会では、戦争体験や、9条を守りたいという思いを「私も言いたい」という冊子にまとめました。

 冊子には、それぞれの思いを文章や、俳句、詩などにして投稿してくれました。

それぞれの平和への思いがつづられています。

一冊300円です。お求めください。

今後も第二弾、第三弾と発行したいと会では話していますので、今回間に合わなかった人は、次回お願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに、岩見沢9条の会では、シールを3種類作成しました。大小ありますが、いずれも300円です。

これは、会員の小学生のお子さんが絵を描いてくれたものです。

平和のグッズとしておひとついかがですか。

 

 一番上のはハガキサイズに20個のシール、

下の左はA4で4個の長方形タイプ、

下の右はA4に12個のシールとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2007年5月25日(金曜日)

一の沢水源地

カテゴリー: - hisashi @ 23時46分11秒

 建設常任委員会が23日行われ、山田ゆりみ議員が委員として、所管事務調査で質問をし、その後現地調査を行いました。

 現地調査では、水道の歴史を知る「一の沢水源地」や建設中の市営住宅などを見ました。

私も同行させてもらい現地を見てきました。

 「一の沢水源地」は、1908年(明治41年)、全国で13番目、北海道で2番目に給水が開始されました。

夏は緑、秋は紅葉がきれいで、国の「近代水道百選」に選ばれています。

貯水池に設けられた取水塔は、市の有形文化財に指定されています。


2007年5月20日(日曜日)

後援会の花見

カテゴリー: - hisashi @ 21時10分41秒

 東地域後援会の花見がありました。

桜はもう散っているんじゃないかと思っていましたが、見事なしだれ桜が咲いていました。

昨日までの雨もうそのように晴れて、朝は風も強く寒かったのですが、気温もあがり本当に過ごしやすい花見日和になりました。

 選挙で応援をしてくれた人が集まり、「本当に当選してよかったね」と喜びの声を寄せてくれました。

私も「これからも皆さんの願いにこたえるために頑張ります」と改めて決意を述べました。

 ジンギスカンもおいしく、会費以上に食べ過ぎたかもしれません。ホッケもやきましたが炭焼きのためこれも美味しかったです。

 楽しい一日で、また元気をもらいました。


2007年5月17日(木曜日)

平和行進

カテゴリー: - hisashi @ 22時49分27秒

 50回目の平和行進が、5月6日礼文島を出発して、今日、岩見沢入りをした。

天気予報では午後からだんだん雨になるといっていた。

 美唄から3時に引継ぎ、市長・議長・教育長に表敬訪問をして、非核日本宣言などの署名をもらいました。

 4時から、中心商店街で署名・宣伝行動。始めたとたんに雨が降り出した。

残念ながら15分で終了。それでも20筆集まった。

5時半からの平和行進も、雨が心配だった。雨は降っていたが小雨程度でホッとして行進のスタート。

雨のため参加者は40人と少なかったが、元気よくシュプレヒコールでアピールしました。

 その後、まなみーる文化センターで激励報告集会。

 通し行進者の浅田さんは、大阪の和泉平和委員会で活動をしており、「退職したら夫婦で平和行進をしようと話していたが、妻が病気で亡くなった。妻の意思も受け継いで二人分の行進の思いで、2002年から毎年歩いている」と話しました。

 根室コースから行進した、橋本さんは砂川から合流しました。

2000年には、礼文からの運転手として一度岩見沢にもきていることも話されました。

 地元からは、新婦人の会員や世界大会に参加した人などからの激励のことばがありました。

その中で、ガンを克服したHさんは、声帯をなくしていますが、機械を使って一生懸命、自らの平和への取り組みと思いを語りました。


2007年5月15日(火曜日)

カテゴリー: - hisashi @ 23時15分00秒

 あっという間に、桜の季節も終わろうとしています。

北海道の桜は、雪の影響もあり、枝を大きく広げることができません。

以前、東京付近で見た、桜は横に大きく広がり、北海道の桜とは違うなぁと感じたものでした。

 しかし、岩見沢にも立派な枝をしている桜の老木があることを知りました。

上志文にある一本の桜ですが、雄大でしたので写真に撮りました。


議員団の分担・体制決まる

カテゴリー: - hisashi @ 23時10分50秒

 臨時議会が行われ、新議員二十六名による会派、正副議長、各常任委員会委員などが決まり、新たな体制での議会運営が始まりました。

 会派は、日本共産党が2名、市民クラブが12名、平成クラブが8名、公明党が3名、無所属が1名となりました。

 日本共産党市議団は、二名ということから、四つの常任委員会のうち二つにしか入ることができませんが、予算や決算の委員会、一般質問などで、住民の願いを実現するために力を尽くします。

 日本共産党議員団の任務と担当は次のとおりです。

 

     上田久司

     党議員団団長

     民生常任委員

     議会運営委員

     総合計画基本構想特別委員

     上下水道事業運営審議会委員

     病院事業経営審議会委員

 

     山田由利美議員

     党議員団幹事長

     建設常任委員

     岩見沢駅周辺特別委員

     岩見沢地区消防事務組合議会議員

     議員会役員

     議会だより編集委員

     森林、林業、林産業活性化議員連盟役員

     青少年問題協議会委員

 


2007年5月14日(月曜日)

遊園地の安全対策の申し入れ

カテゴリー: - hisashi @ 17時43分03秒

 

 大阪の遊園地での死亡事故を受けて、岩見沢市にも遊園地があることから、日本共産党岩見沢市議団は、市にたいして「安全点検」に関しての申し入れを行いました。

 岩見沢のジェットコースターは4基ありますが、大阪と同様の立って乗るものではありませんが、市民の安全を守るうえから「点検の早急な実施を行わせること」「点検が行われたら報告を受け、その内容を十分チェックすること」「点検後安全であることを市民に明らかにさせること」「今後の安全対策について市としても把握すること」などを申し入れしました。

 

 対応した市の部長は、「国土交通省から道に、道から業者にすでに点検をという指導がされている」「市としては直接の指導的立場にないが、業者との連絡は密にとり、把握につとめている」「4基すべての点検を行い、2基については点検が終わり稼動を始めた。残り2基についても17日までには結果がわかり、週末からは稼動できるのではないか」「点検については毎年行っていたが、金属疲労を確認する探傷検査は毎年となっていたが、本州と違い冬期間は使用していないことから、2年に一度しか点検していなかったとの報告を受けている」

「今後は国からの指導も強くなるので、定期的に点検がされることになる」「今後も業者とは連携を図っていく」と答えました。 

 


34 queries. 0.161 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 月別過去ログ
blog カテゴリ一覧