2007年6月29日(金曜日)

住民税平均で3万6000円増

カテゴリー: - hisashi @ 23時01分09秒

 一般質問で住民税の増税問題を取り上げ、市に改善を求めました。

 住民税は、これまでも老年者控除の廃止や、公的年金控除の縮小などの影響により、負担が大幅に増え、他の社会保障の負担も連動して増えています。

 さらに、昨年から自民・公明の政権による定率減税の廃止に伴い、負担がますます大きくなっています。

そして今年は、税源移譲が重なり、住民税の納付書の金額は大幅に増えています。

 私は、「定率減税廃止に伴う影響と税源移譲に伴う影響額はいくらか」「窓口での混乱がないように体制を充実すべきではないか」と、市長の考えを問いました。

 

 市長は、「定率減税廃止に伴う影響は一人平均で6千円で、総額2億2千万円」「税源移譲に伴う影響は一人平均3万円で、総額10億9千万円になる」と答えました。

さらに、「窓口対応は理解を得られるように時間をかけて説明している。農夫が困難な場合は納付回数の変更などの相談も行っている。電話での問い合わせは、他の係りも含めて対応している。相談対応職員も二人増員している」と答えました。

 4日間の相談件数は電話で378件、窓口で155件と、500件を超えていることも明らかになりました。

 

 政府は、住民税が増えた分は所得税が減っているから実質増税ではないという宣伝をさかんに行っています。

 定率減税の廃止分は確実に増税になっていることや、税源移譲でも所得が低くなる人などは増税になることが政府の答弁でも明らかになっています。

 

 国民いじめ、国民ごまかしの、こんな政治は許せません。

参議院選挙は、住民本位の政治にする絶好のチャンスです。

 


2007年6月28日(木曜日)

ばんえい競馬の清算金で質問

カテゴリー: - hisashi @ 22時04分31秒

6月定例議会に、ばんえい競馬関係者との協議が終了したことに伴う清算のための補正予算が提案されました。

 私たち日本共産党市議団は、赤字のばんえい競馬の存続はこれ以上無理であるという立場から、廃止に同意をしてきました。

そして清算にあたっては、関係者と十分協議をすることを求めてきました。

 すでに当初予算でも清算のための経費が計上されていましたが、追加で約4億5千万円の補正があり、トータルで解体費も含めて、約17億円を支出することになり、これまで積み立ててきた競馬場の基金をあてます。

 

 市は、「関係者とは基本的に合意をした」と話していますが、6月19日、旭川市長に対して、調教師から算定についての見直しを求める要望書が出されました。

 これによると、「算定の方法が延べの馬の頭数を基準としているため、馬の出入りの多いほうが高い算定になり、一生懸命育て、一箇所にずっといる場合算定が低くなり矛盾をしている」というものです。

 

 こうした事態を受け、私は、「関係者との合意がされていないのではないか。十分な話し合いが必要ではないか。今後さらに補償することになっていくのか」と質問をしました。

 副市長は、「旭川市も合意をしているので要望は認められないといっている。基本的に合意をしたことによって、議会に清算のための予算を出している。今後のことは予想しきれない」と答えるにとどまりました。

 

 


2007年6月26日(火曜日)

革新懇学習会で一時間話しました

カテゴリー: - hisashi @ 22時13分39秒

 革新懇の学習会が行われ、「福祉とくらしを考える」と題して私が一時間にわたって話しました。

パソコンへのデータが消えてから、二日間は毎日夜中の二時過ぎまでかかり、やっと資料が完成しました。

 福祉についての市の実情や、国による社会保障の改悪、国民に負担を押し付ける、逆立ちした税の負担の状況などを36ページの資料にもとづいて話しました。

 また、私の選挙のときに使った大型の紙芝居も使って話しました。

国民いじめの政治は、年金・医療・国保・介護・税金・生活保護・障害者自立支援法…と、全ての分野にわたっているため、一時間ではサラッとしか話せませんでしたが、それだけ今の政治が国民を苦しめているという実態のあらわれと思っています。

 市政についても、福祉の見直しが行われようとしている時期で、市政の問題等も明らかにしました。

参加者からは、「税金が上がって大変」という話しや、福祉のあり方、予算の使い方などの質問も出ました。

 私は、「一部の人に税金は使えないと市は言うが、高齢者の事業、障害者の事業などは、それぞれ必要とする人たちのものといえる。全員に使う福祉はない。必要とする人に必要なサービスを提供することが重要」と答え、今後も皆さんと話し合い、必要な福祉を提案しようと話しました。


2007年6月24日(日曜日)

データが消えた

カテゴリー: - hisashi @ 16時14分26秒

 26日の学習会のレジメと資料を昨日も作っていましたが、遅くなったので寝ることにして、保存をしようとしたら保存ができず、いろいろさわっているうちに、データが消えてしましました。

 この日打った分が保存できなかっただけでなく、それ以前に入れていた分も含めて、まったくなくなってしまいました。

 メッセージが出ているのですがね十分に理解ができず、現在に至っています。

期日がせまってきてあせっています。

とりあえず、資料は切り貼りをして対応しようとしていますが、何とか当日までには仕上げなければ…

ショックでした。

機械は便利ですが、ときどき意に反してトラブルを起こします。

機械が悪いというよりは、私の操作・理解が十分でないからでしょうが、ショックです。

 

 作り直しますので、26日の学習会には皆さん参加してくださいね。

午後6時半から、まなみーる文化センターです。資料代300円かかります。


2007年6月23日(土曜日)

緑が丘・春日9条の会がオカリナコンサート

カテゴリー: - hisashi @ 23時21分35秒

 岩見沢の緑が丘・春日9条の会が「オカリナコンサート&自由トーク」を行い、20数人が参加しました。

学習だけでなく、こんな文化的な9条の会の行事にふれることができて、ゆったりとしたひと時を過ごしました。

 

 オカリナは、わらべ歌や宗次郎のナンバーから約一時間にわたって行われました。

オカリナとキーボードの音色がとても素敵でした。

二人とも岩見沢在住の方で、岩見沢にもこうした人たちがいるんだと感じ、このような活動がいつまでもできるような平和な時代を残さなければと思い、会場をあとにしました。


2007年6月22日(金曜日)

ミニトマトとサクランボ

カテゴリー: - hisashi @ 19時11分38秒

 小さな庭に、ミニトマトの苗を二本植えました。

まだ背丈は低いのですが、初ミニトマトを採って食べました。

完熟のミニトマトはとても甘く、これからがさらに楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 念願のサクランボの木も植えました。

品種の違う2種類の木を植えなければいけないということで、佐藤錦と水門を植えました。

何年後になるのか楽しみです。

ハンドマイクで宣伝などをしていると、近くの庭の木にサクランボの実がついているのを何度かみていましたが、我が家のもなるといいなぁ。


議会が終わりました

カテゴリー: - hisashi @ 19時00分47秒

 議会最終日、午後一時から開会され、議案の賛否がお粉わけました。

私は、新しく作られたオートキャンプ場の利用料を引き下げることをもとめて反対討論をしました。

料金は、全道各地にあるオートキャンプ場と比べて、特別高いわけではないが、温泉に併設しているわけでもなく、特別リゾート地というわけでもないなかで、利用を促進させるためには、安い料金に設定すべきだ。そのことのほうが市のPRにもなり、総合的に見て、利用者にも喜ばれ市としても活性化になると主張しました。


2007年6月20日(水曜日)

憲法9条と非核三原則の輝く日本への学習会

カテゴリー: - hisashi @ 23時34分58秒

 道原水協は、北海道各地で連鎖学習会を行っています。

今日、札幌東区で行われた学習会に参加しました。

 講師は、日本平和委員会代表理事で日本原水協全国担当常任理事の佐藤光雄さんで、「憲法9条と非核三原則の輝く日本へ」と題して話されました。

 

 テンポのある話で、憲法の大切さと、それに反する政府や米国の態度を明らかにしました。

あとで話を聞くと、15日から北海道の各地で講演をしていますが、14日まで入院をしていたということで、今日も点滴をしたとのことでした。

 

 岩見沢でも学習会を行い、たくさんの人に聞いてもらえるように、運動体を大きくしなけれぎと感じました。

 


2007年6月19日(火曜日)

一般質問

カテゴリー: - hisashi @ 21時52分05秒

 一般質問をしました。

暑くなるので上着をぬいでもいいという議長からのコメントがあったため、初めてワイシャツ姿で登壇して質問しました。

あとから別の議員から、太って見えるからスーツ着たほうがいいのではないかいと言われ、やっぱり太ってきたかと考えさせられました。

 

 質問や答弁のの詳細は、後日整理してお知らせします。

談合問題では「地域限定型一般競争入札を促進して、談合の起こらない体制をつくりたい」と答えました。

 

 生活保護の母子加算廃止問題や、自衛隊の国民監視活動について、国に対して反対や抗議をすべきと訴えましたが、「国の問題」として、その考えのないことを繰り返しました。

 

 また、住民税の増税では、定率減税廃止で一人6000円の増税。税源移譲では一人3万円の影響があることが明らかになり、所得税の減があるとはいえ、住民税だけを見ると一人当たり36000円の負担増になることも明らかになりました。

 

 こんな政治はなんとしても変えなければなりません。


2007年6月18日(月曜日)

明日一般質問

カテゴリー: - hisashi @ 22時49分27秒

 今回は、26人中10人が一般質問を行います。

今日までに7人が終わり、いよいよ明日が私の一般質問で、山田ゆりみ議員も行います。

 午後1時から始まり、山田議員が2番目、私が3番目です。

私は、今の政治のもとで苦しめられている暮らしや平和の問題をいくつか取り上げます。

 住民税の増税問題、生活保護の母子加算の廃止問題、年金問題、自衛隊の国民監視問題などと、さらに談合・入札問題を質問します。

 

 安心して生きるためには、暮らしも平和も、国の政治が強く影響します。

参議院選挙はそうした意味からも重要です。

 市政でも国政でも、「住民こそ主人公」をつらぬいているのが日本共産党です。


35 queries. 0.111 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 月別過去ログ
blog カテゴリ一覧