2006年12月29日(金曜日)

大企業優遇、労働者破壊の「法」改悪

カテゴリー: - hisashi @ 23時00分16秒

 「時間に縛られない自由な働き方ができる」と、あたかも労働者が自由に働けるかのような「労働法制」の改定は、残業手当を認めないだけでなく、過労死などをさらに生み出すような財界に都合のいい「代改悪」です。

 

 「このことにより多額の残業代を支払わなくてよくなることから、労働者の給与総額は減り、そうなるとますます購買力が下がり、景気が落ち込む」と、ラジオでも話していた。

 

 今でさえ、正規職員がパートや非正規職員という労働条件を劣悪にして、労働者を苦しめているのに、さらに労働者を切り捨てるというのか。

全く時代に逆行している、安倍内閣に怒りをおぼえます。

安心して働くことのできる社会、汗をかいた働きが報われる社会をつくっていかなければならないと強く思っています。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.ueda-hisashi.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/154

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

18 queries. 0.051 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 月別過去ログ
blog カテゴリ一覧