2007年10月28日(日曜日)

後期高齢者医療制度を考えるシンポジウム

カテゴリー: - hisashi @ 18時02分19秒

 3人のパネラーを迎えて、シンポジウムを行いました。

 北海道社会保障協議会の甲斐事務局長は、制度がかかえている問題点や制度の内容をわかりやすく話してくれました。

 栗山町の梶整形外科院長は、医師会の方針や、現在の政治の矛盾などを医者としての立場から離されました。

現在の政府の若干の見直しは、選挙目当てともいえると発言し、この制度の矛盾を明らかにしました。

 後期高齢者議会議員である、日本共産党の滝川市議の清水さんは、広域連合議会での矛盾や、速報値としての保険料について話があり、一人暮らしの人は若干現在の国保料より下がるところもあるが、夫婦世帯などでは軒並み保険料があがることも明らかになりました。

 それぞれの分野からの報告・発言は内容にも充実しており、意義のあるシンポジウムでした。

私は司会をしましたが、時間の調整や、質問のとりまとめなど実感緊張しました。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.ueda-hisashi.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/312

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

18 queries. 0.033 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 月別過去ログ
blog カテゴリ一覧