2007年12月16日(日曜日)

日本の未来を考える集い

カテゴリー: - hisashi @ 16時20分51秒

 岩見沢市の東地域後援会で「日本の未来を考える集い」が行われ、45分間お話をしました。

 長く、寒い冬に向かい、全道各地で、福祉灯油の実現がされ、岩見沢でもやっとその動きが出てきたことを話し、その取り組みの先頭に日本共産党がたってきたことや、大きな住民運動が市政を動かしたことを明らかにして、日本共産党は、地方でも国でも、住民こそ主人公の立場で、住民生活第一の取り組みをすすめる党だと話しました。

 

 社会保障充実の財源は、消費税の引き上げではなく、軽減している大企業の税率をもとにもどし、応分の負担をしてもらうこと。さらにアメリカの顔色をうかがい支給している、思いやり予算や新たな基地建設をやめ、財源を生み出すことで、住民の暮らしを守る政治にすることができる。

こうした財源も含めて提案できるのは、日本共産党のみだ。

民主党も財界に対して適切な税負担をとはいえない。消費税を上げないとはいえない。今はあげないとはいえても。

大連立構想で、自民党とかわらないのではないかと、国民の期待が弱まった。

 

 住民の立場にたつ日本共産党を大きくしてもらうことが、暮らしを第一に考えた社会にすることができる。

 と私は訴えました。

 会場からも市政、国政などさまざまな質問がだされました。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.ueda-hisashi.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/330

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

18 queries. 0.047 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 月別過去ログ
blog カテゴリ一覧