2008年2月15日(金曜日)

北村地域の診療所存続を求め要請行動

カテゴリー: - hisashi @ 21時10分16秒

 岩見沢市北村にある唯一の医療機関である民間の診療所が3月末をもって休止することが明らかになり、地域住民に衝撃が走っています。

住民からの連絡を受け、市議団は富沢修一前市議とともに関係機関に要請しました。

診療所の事務長は「介護保険が導入されてから医師や看護師などの配置基準が大変になり、運営が厳しくなり、累積で3億円の赤字がある。さらに人口減で患者も減っており、医師も一人がやめるため態勢がとれない」「しかし何とか再開ができるように考えたい。週2、3回でも外来を行えるようにしたい」と述べました。

市議団は「再開できるようにぜひ取り組んでほしい」と要望してきました。

さらに、市役所の増子副市長に対して「北村地域の医療機関の確保について」申し入れをしました。

増子副市長は「旧北村で地域医療を守るということで3億円くらい負担している。その返済が終わったから閉鎖するというのはこまる。入院患者については診療所で責任を持って、他の医療機関に移すといっているので、問題は外来患者だ。患者数も限られるので、岩見沢の病院に通うことができるかどうか実態の把握をしたい。市長も月末に理事長と会うことになっているので、それを受けて対策を考える。地域にとっては医療機関が必要であり、福祉とも連携をとって対応していく」と答えました。

診療所は、介護型も含めて十九床あり、現在は18人が入院をしています。また、外来は一日平均で20人くらいが通っています。

住民の不安をなくするために、地域医療を守る取り組みが急がれます。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.ueda-hisashi.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/357

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

18 queries. 0.036 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 月別過去ログ
blog カテゴリ一覧