2008年6月17日(火曜日)

後期高齢者医療制度で質問

カテゴリー: - hisashi @ 22時01分52秒

 後期高齢者医療制度は、保険料でも医療給付でも国民に大きな不安を与えていることから、国に「撤廃」をもとめるよう市長に質問しました。

 市長は「持続可能な制度」として必要という立場をくずさず、私は再質問で「この制度では高齢者にとっても医療制度を見ても、住民の立場に立った持続する制度ではない」「安心して医療が受けられる制度をじっくり検討すべきだ。そのためにも一度廃止にすべき」と、重ねて訴えました。

 

 さらに、7月には、納付書で納める人に納付書が送付され、国民健康保険料や介護保険料の納付書も送られ、住民からの相談が激増することが予想されるので十分な体制をとるべきだと訴え、また、人間ドックについても市として助成をこれまでどおり行うべきだと、市長の対応を求めました。

 相談体制については、万全の体制をとりたいと答えました。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.ueda-hisashi.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/414

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

18 queries. 0.037 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 月別過去ログ
blog カテゴリ一覧