2008年12月6日(土曜日)

石井郁子衆議を迎えて演説会

カテゴリー: - hisashi @ 23時39分07秒

 日本共産党の演説会を、石井郁子衆議院議員を迎えて岩見沢の平安閣で行いました。

畠山和也党道政策委員長が最初に話をし、労働者切捨ての北海道の実態を訴えました。

「人間は使い捨ての商品ではない」と力強く話しました。

 

 党中央副委員長で衆議院議員の石井郁子さんは、みずからの生い立ちにふれ、「なつかしい空知にやってきました」と話したうえで、「炭鉱のまち空知でなぜ、貧富の差が起こるのか」という疑問が党に入るきっかけとなったと話しました。

 サブプライムローンからたんを発しての、日本でも労働者の切捨ての一方で、内部留保は230兆円あり、下部の配当も8年間で5倍にしている実態を明らかにしました。

 そして、「構造改革で格差と貧困は広がり、子どもたちも給食費が払えないとかね修学旅行にいけないなどの状況がうまれてきている。しかし、子どもには自己責任はない」として、格差のない社会を訴えたことが印象的でした。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.ueda-hisashi.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/499

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

18 queries. 0.035 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 月別過去ログ
blog カテゴリ一覧