2009年9月17日(木曜日)

原水協世界大会報告会&平和のつどい

カテゴリー: - hisashi @ 21時50分29秒

 9月13日、岩見沢原水協と革新懇の共催で「原水爆禁止世界大会報告会&平和のつどい」を行いました。

 世界大会の報告では、教育大生で、美術を専攻する太田友真さんが、大会で感じてきたことを五〇号の油絵にして、その思いを報告しました。

 太田さんは、「以前から戦争や核・平和の絵を描きたいと思っていた。長崎で被爆者の話しを聞き自分なりの戦争についての絵を考えてみた」「世界大会で他人の痛みを自分の痛みに置き換え行動するということを学んだ」として、絵の説明を行いました。

 絵は、木からの日本列島をイメージした木漏れ日から、原爆をイメージした二本のキノコがはえています。ふだんキノコは日陰にはえるが、原爆を忘れてはいけないという思いで、あえて木漏れ日で照らしたと話しています。

 最後に太田さんは「この絵を私の原点にして、これからも『伝承』『発信』という意味のある絵を描いていきたい」と決意を述べました。

 

 平和のつどいでは、道革新懇世話人の山下忠孝さんが、「日本そして世界の平和を考える」と題して、イラク・アフガン戦争現状や、北朝鮮の核実験・ミサイル発射問題、ソマリアの「海賊」問題、沖縄の米軍移転と基地建設の問題点について話しました。

 「北朝鮮や海賊の動きを利用する日本の戦争推進勢力の動きがある一方、今回の選挙で改憲派・基地建設推進派を激減させた。そういう動きも起こっている。平和勢力の奮闘で、核兵器・軍事同盟ノーの日本をつくろう」と呼びかけました。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.ueda-hisashi.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/620

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

18 queries. 0.066 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 月別過去ログ
blog カテゴリ一覧