2009年9月25日(金曜日)

紙参議と農業調査

カテゴリー: - hisashi @ 22時47分56秒

 紙参議、宮内さとし氏、畠山かずや氏、美唄の吉岡文子市議などと水稲の調査をしました。

農民連の白石全国会長、井上空知農民組合委員長や農民組合の会員などが忙しい中参加し、実態を話してくれました。

 最初に白石さん宅の納屋で、実際に取ってきたコメを見て話を聞きました。

今年は青米は少ないが、粒が小さくて、量が確保できない。不稔も例年で一割くらいなのが、今年は2割から3割ある、と話してくれました。

 

 

 その後、実際に田んぼの稲を見ました。

ななつぼしと今年新発売のゆめぴりかは、例年の9俵からみて、6〜7俵、きらら397は6俵以下ということでした。

 今年は農協も、粒が小さいということもあり、網目を1.95个ら1.90个砲靴拭それでも収量が確保できるかと、農家も農協も話していました。

 農協は、峰延農協を訪問し、実態を聞きました。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.ueda-hisashi.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/623

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

18 queries. 0.036 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 月別過去ログ
blog カテゴリ一覧