2006年8月21日(月曜日)

議員定数一本化不調に

カテゴリー: - hisashi @ 22時10分26秒

 いっせい地方選挙にのぞむ岩見沢の議員定数を検討する委員会が、本日も開催されました。

現在の岩見沢市の定数は28人で、合併により特例として一年間55人の体制となっています。

これを法定の30人以下にするための議論がされていました。

 

 日本共産党は、議員が本来果たさなければならない役割の重要性や、合併という特殊状況を訴え、30人を主張してきました。

 しかし、26人を主張する会派が多く、当初30人を主張していた栗沢も28人の限定数へと苦渋の変更をしてきました。

 

 こうした中で、委員長は「26人を基本として一本化の調整をはかりたい」と前回の委員会で提案してきました。

 

 それを受けての本日の委員会でした。

私たちは、「一本化で調整するのであればお互いが歩み寄ることだ。数の論理だけでそれに従えというのは納得できない。私たちがぎりぎり歩み寄れるのは、限定数を減らさないということだ」と主張しました。

 

 しかし、他の会派からの歩みよりはなく、一本化の調整は不調に終わりました。

検討委員会では、多数決を行わず、26を主張する会派が5会派、28が1会派、30が1会派(私たち日本共産党)ということを、それぞれ銘記することになりました。

 

 この答申を受けて、議長がどう判断するかにかかってきますが、全体で合意できなかったものは提案すべきでなく、26人に強行することは認められません。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.ueda-hisashi.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/65

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

18 queries. 0.041 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 月別過去ログ
blog カテゴリ一覧