2011年1月25日(火曜日)

豪雪対策で申し入れ

カテゴリー: - hisashi @ 21時44分29秒

 

 

 1月21日、日本共産党南空知地区委員会(上田ひさし地区委員長・岩見沢市議)と日本共産党岩見沢市委員会(山田やすひろ市委員長)は、豪雪で交通傷害の起こっている除排雪の徹底や、ビニールハウスなどの農業被害に対する支援を求めて、岩見沢市長、空知総合振興局長、北海道開発局開発建設部岩見沢道路事務所長に要望書を提出しました。

 市役所で対応した阿部副市長は「大雪が岩見沢以外にも広がり、排雪用のダンプの確保に苦労している」「ボランティア除雪を行っている1524世帯を調査し、緊急的に対応が必要な29世帯の除雪を行っている。さらにボランティア除雪を行っていない町会での対象者も調査し、必要に応じて対応する」「農業ハウス倒壊については人的支援も行っている。さらに緊急雇用の活用も行い、20名くらいの雇用を考えている」と話しました。

 空知総合振興局長は、「農協や岩見沢市と協議し何ができるか検討している」と農業ハウス被害についての対応を語りました。

 国道の除雪を担当している道路事務所へは「国の予算削減という中で、住民生活に支障をきたすことなく国へ必要な経費をしっかり要望してほしい」と訴え、道路事務所からは「予算はまだ大丈夫。国への要望については貴重なご意見をいただきました」「現在排雪は特にひどかった幌向と上幌向を終えた。引き続き岩見沢市内の国道の排雪を行う。雪が異常に多いので例年のように歩道も含めた完全排雪はできないが、まずは車道を広げ、渋滞をなくすことができるようにしたい」と答えました。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.ueda-hisashi.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/767

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

18 queries. 0.043 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 月別過去ログ
blog カテゴリ一覧