2011年6月29日(水曜日)

震災ボランティア南空知から

カテゴリー: - hisashi @ 22時06分04秒

 日本共産党南空知地区委員会は、宮城県気仙沼市の支援に6月22日から29日まで、3名を派遣しました。

 雨と湿気と暑さと臭いの中で、ガレキの撤去や側溝の泥出し作業や、支援物資の配布などの活動を行ってきました。

 仮説住宅の人と対話をすると「仮説住宅には2年しか住めない。その後のことを考えると不安になる」などの話もあり、一緒に涙することもありました。支援物資を受け取りに来た人も「今後どうなるか分からなく不安も大きい」と話していました。

 被災者に喜ばれているのが、お米や食料、食器、さらに殺虫剤や石鹸、文房具なども必要とされているようです。

 気仙沼市の港に近い方は、建物の一階部分が軒並み被害にあっており、とても住める状況ではありません。

陸前高田市も見てきましたが、こちらは広大なマチ全体が廃棄物処理場のようになっており、言葉がありません。

 被災地の復興にどれほどの時間と費用がかかるのか、とても検討がつきません。

 時間がたつにつれ、ボランティアの力も弱くなっていくかもしれません。

だからこそ、日本共産党の活動がますます重要になってきます。

 南空知からは、7月20日からも5日間支援に行く予定になっています。

 日本共産党では、救援募金とともに、ボランティア派遣のための募金や支援物資の受付も行っています。

 ぜひご協力、ご連絡ください。

 


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.ueda-hisashi.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/794

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

18 queries. 0.037 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 月別過去ログ
blog カテゴリ一覧