2011年9月17日(土曜日)

災害に強い街づくりへ消防職員の増員を

カテゴリー: - hisashi @ 22時33分14秒

 9月1日の消防議会で一般質問を行い、「災害に強いまちづくりをすすめるために、常日頃から消防体制を強化する必要があり、その中心となる、消防職員の充実も欠かすことができない」と、市長の考えをただしました。

 私は、8月下旬に一週間、宮城県気仙沼市へボランティアに行ってきたことにふれ、実際な被災者から聞いた話を示しながら、仮設住宅に入っている人たちの深い悲しみの実態を訴え、復興は人の心も含めまだまだ時間がかかると、実態を伝えました。

気仙沼市は、地震、津波のあと、大火災が起こり、被害を広げました。今回の震災で改めて、消防の充実をはじめとした、防災体制の強化が大切であり、災害に強いまちづくりを進めていくべきと訴えました。

現在の国基準の消防力は、職員数で187人となっていますが、現状は148人で39人少なく、充足率で79.1%となっています。

この実態を示して職員の充実を求めました。

 市長は、消防は生命と財産を守る仕事であるという認識を示したうえで、「消防力の基準は市町村が目標とすべきものであるが、多くの市町村で達成していない。現在警防要因と救急要因の兼務などで総合的に対応しているが、無制限に広がれば職員の負担増となる。厳しい財政状況ではあるが今のラインは絶対割らないよう指示をしている。国や道への要望はやぶさかでない」と答えました。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.ueda-hisashi.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/810

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

18 queries. 0.035 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 月別過去ログ
blog カテゴリ一覧