2011年12月25日(日曜日)

自校式の給食を求める請願書提出

カテゴリー: - hisashi @ 18時39分37秒

自校方式を求める請願提出

 

4763名の署名・日本共産党市議団が紹介議員に

 

 2月9日の学校給食共同調理所の食中毒が、子どもたちなどに大きな被害を与えるとともに、家族にたいしても大きな不安と不信を与えました。

 二度とこうした事態を起こしてはいけないという声が広がり、今後の学校給食のあり方を考え、学習を積み重ねた保護者などが中心となって、「自校方式の学校給食を実現する会」が発足され、署名活動が展開されてきました。

 十二月議会に、4763名という多くの市民の賛同を得た署名が添えられた、「請願書」が提出され、日本共産党の山田靖廣、上田久司両議員が紹介議員になりました。

 「会」の人たちは、各会派をまわり紹介議員の要請を行ってきましたが、日本共産党だけが賛同し、紹介議員となりました。与党の会派の一つは、要請書そのものも受け取らないというところがあるなど、市民の切実な願いを門前払いしました。

 請願項目は、「自校式または親子方式の調理所をつくってほしい」「調理員などを民間委託にせず、公的に責任を持つ体制をとってください」の二項目となっています。

 自校・親子方式は、費用の面では高くなりますが、子どもの命、安全を第一に考えるなら、ある程度の負担は必要ではないでしょうか。

 また、新たな雇用が共同調理所で行われるより多くなり、経済効果を生むと言う効果もあります。

 審議は、来年の1月25日が予定されており、各議員の態度が注目されます。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.ueda-hisashi.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/828

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

18 queries. 0.040 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 月別過去ログ
blog カテゴリ一覧