2013年3月18日(月曜日)

福祉灯油で代表質問

カテゴリー: - hisashi @ 22時20分49秒


 福祉灯油について代表質問をしました。以下その部分の全文です。

 次に福祉灯油についてお伺いいたします。


今年の冬は寒さも厳しく、灯油がかさむ中で、灯油の高騰が続き、市民生活を圧迫しています。


私たち日本共産党も、さらには市民団体も、福祉灯油の実現を求めて要望を提出しているところです。市は、検討したが、価格があがったのが冬になってからなので、支給する頃には寒さのピークが過ぎてしまうとか、値上げ幅がもう少し広がったらなどと答え、実現がされていません。


しかし、これらは市民の都合ではありません。市民は、寒い冬を我慢して灯油を切りつめています。寒さが厳しく、切りつめる限界も超えながら高い灯油を購入しています。市からの支給時期がずれても、市民は市からの助成がされるということがわかれば、心も体も暖かく感じるのではないでしょうか。全道の7割の自治体が支給を決断したのです。ぜひ岩見沢でも今からでも決断をしていただきたいと思いますがいかがでしょうか。


  さらに提案をいたします。その都度、支給するかどうかを決めるとなると、今回のように冬に値上がりが進み出した場合、実行するには時間がかかり、寒さのピークに間に合わないことや、価格がたとえば20円あがった場合に支給するとしていても、毎年10円、15円ずつしか上がらなければ、市民の収入は増えないなかで、結果的に見ると、2年、3年で、30円、40円と上がってもいつまでも支給されないということになります。基本となる金額を決め、たとえば70円、80円などと決め、それより15円、あるいは20円以上上がった時は、自動的に支給できるように、恒常的な条例、または要綱を作るべきではないでしょうか。そうすれば、今年みたいに後手にまわることがないのではないでしょうか。市長のお考えをお聞かせください。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.ueda-hisashi.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/897

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

18 queries. 0.044 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 月別過去ログ
blog カテゴリ一覧