2013年10月20日(日曜日)

国民健康保険料の引き下げを

カテゴリー: - hisashi @ 19時43分36秒


市の国民健康保険料は、3年連続5%程度ずつ引き上げられ、収入が増えない中でこの負担増は、いのちにかかわる深刻な問題となっているとして、9月の定例議以下の一般室年で上田久司議員は保険料の引き下げを求めました。


 上田議員は、国民健康保険は所得が250万円未満の世帯が88%、150万未満で見ても74%もいるという低所得世帯で構成されており、さらに以前は農家や自営業が加入者で上位を占めていましたが、現在は、非正規労働者やパートなど身分不安定労働者が増えているのが現状であることを明らかにしました。そのうえで上田議員は「3年連続の引き上げで、平均で一人1万数千円、一世帯で2万数千円もの値上げになり、また、所得が増えなくても世帯構成人数が多くなると負担もより大きくなります。医療費分の均等割りといわれる一人当たりの金額は、平成22年度が20300円だったものが、25年度は25200円と3年間で4900円もあがり、3人家族だと14700円も収入に関係なく引き上げられています。年収の1割を超え、所得の15%から20%近くなる国民健康保険料は、払える能力を大きく超えている」として引き下げを求めました。


 しかし市長は、「公費を投入しての引き下げは国民健康保険に加入していない人にも負担してもらうことになり難しい」と答え、社会保障として市民生活を守る立場には立ちませんでした。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.ueda-hisashi.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/951

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

18 queries. 0.036 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 月別過去ログ
blog カテゴリ一覧