2013年11月23日(土曜日)

消費税増税で市立病院も大変に

カテゴリー: - hisashi @ 01時23分39秒


来年4月、消費税が8%に増税されると市立病院の経営は1億5千万円の負担増に!


 


 安倍政権のもとで、消費税増税が具体化してきていますが、国民の中からは「消費税を増税する一方で、景気が悪くなるからと言って大企業にバラマキ事業を行う。大企業への被災地の復興税を廃止する」など、納得できないという声が大きくなっています。


 上田久司議員は、市立病院の決算審査委員会で、消費税が5%から8%になった場合の影響について質問しました。


 患者負担については、すぐ負担増になることはないが、診療報酬の改定のときには、増税分が加算されることが予想されるとのことでした。


 また、病院の仕入れなどには増税分がそのまま影響し、現在の2億5千万円が、4億円に、つまり1億5千万円の負担増になると予想されるなど、市立病院の経営を圧迫することが明らかになりました。


 消費税増税は、病院経営を困難なものにし、さらには患者の負担を増やし命にもかかわる問題です。きっぱりと中止させるしかありません。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.ueda-hisashi.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/957

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

18 queries. 0.038 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 月別過去ログ
blog カテゴリ一覧