2014年1月28日(火曜日)

有料化が前提のごみ減量化

カテゴリー: - hisashi @ 20時56分16秒


 平成27年4月から新ごみ処分場が供用開始されることに伴い、27年1月から、ごみの出し方などが大幅に変更されます。そして来年の4月からは有料化が実施される予定です。


 1月27日の民生常任委員会では、今年の3月・4月から変更される施策等についての説明がありました。


その一つは危険ゴミや雑がみなどの回収が行われます。


 4月からは資源回収の奨励金が拡充され、ごみステーション設置助成が引き上げられます。市の施策が次々に変わる中で、市民への理解を得るための周知が重要になってきます。


 私は委員会の中で、「有料化については、ごみ減量の手段として用いるのではなく、市民へ減量の意義を徹底させることが必要」と述べ、「どうしても有料化するとしても、すべてを有料化するのでなく、一定量までは無料にすべきだ。そのことによって市民の減量の意識が高まる」「有料化の財源を市民還元の奨励金などにあてるほか、市の施設である焼却炉、最終処分場の費用の一部にまであてるのは、行政として本来やるべきことまで市民に負担させるものだ」として有料化金額の軽減も求めました。


 市は、有料化が減量化につながるとして、単純にすべてを有料化することに固執しています。


大型ごみも当初の500円から、大きさによって300円と600円になり、市民からの負担軽減の声を一部取り入れる一方、負担増になる場合も起きるなど、まだまだ問題があり改善が必要です。


 


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.ueda-hisashi.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/969

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

18 queries. 0.042 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 月別過去ログ
blog カテゴリ一覧