2014年4月30日(水曜日)

TPPキャラバン

カテゴリー: - hisashi @ 23時06分22秒

 日本共産党は、アメリカのオバマ大統領が4月来日することから、急速に山場を迎えているTPP交渉は、政府・自民党の公約にも反する動きになってきている中で、何としても日本の農業・産業を守ろうと、コメどころの空知のJAなどを訪問しました。
 17日には、美唄・峰延・栗山(みなみ空知)農協と栗山町役場、18日は、長沼と岩見沢のJAを訪問しました。
 岩見沢では組合長が熱く語ってくれました。
組合長は「米・麦だけが守られればいいというものでない。牛肉も含め農産物が守られないと北海道は成り立たない。心配していたのは、政府は関税は守ると言っていたが、その率がなし崩し的にされている。守るというのは、関税を今のままの状態のままということ。関税の率はどうあれ、形だけ守ったということでは困る。21日には政府に要請行動に行く。ここでなし崩し的にされれば、今まで何のための運動だったのかとなってしまう」と話しました。
 また、「政権が変わるたびに農業政策が変わってきている。政権がどう変わろうと、農業政策はこうあるべきという道筋をしっかりもってほしい」と話し、現場の切実な声が出されました。
 日本共産党の森つねと北海道国政相談室長は「いまが頑張りどきです。力をあわせてTPP参加を阻止しましょう」と決意を示しました。
 上田久司・山田靖廣両市議も参加し、議会で質問したことも話し、「農業だけの問題ではなく消費者にとっても安全・安心という面からも切実で、経済にも大きな影響をあたえる。市への要請も強め、ともに頑張りましょう」とエールを送りました。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.ueda-hisashi.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/978

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

18 queries. 0.047 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 月別過去ログ
blog カテゴリ一覧