2014年9月23日(火曜日)

駒澤大学解体−アスベストに市民の不安の声

カテゴリー: - hisashi @ 21時45分37秒

共産党市委員会と市議団が市に申し入れ

 駒澤大学が撤退し、その後の跡地利用について市が購入することも含めて議論がすすんでいます。それに伴って、駒澤大学の解体が行われているところですが、市民からあの建物にはアスベストがあり、解体にあたって飛散をはじめ、健康への不安を感じる声が出されています。
 日本共産党岩見沢市委員会と市議団は市に対して、民間の大学の問題ではあるが、市民のいのちと健康を守る立場にある市として、適切な指導等が求められると、申し入れを行いました。
 申し入れの内容は次のとおりです。

1、駒澤大学側にアスベストの飛散防止をはじめ、市民の健康に影響を与えないように万全の態勢を講じるよう申し入れること。
2、不安を抱いている市民に、駒澤大学側の対応や現状など適切な情報を提供して安心を与えるよう取り組むこと。
3、解体状況を定期的に把握し、問題が生じていないかなどの点検をきめ細かに行い、問題が発生した時は大学側にすみやかな対応を申し入れるとともに、市としても市民の安全を守るための取り組みを行うこと。

 市は、申し入れ書を大学側にも知らせるとともに、市として何ができるのか、環境や建設部などとも相談し対応していくと答えました。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.ueda-hisashi.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/988

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

18 queries. 0.051 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 月別過去ログ
blog カテゴリ一覧